ロリィタハンドメイド作家のウフフな毎日

元ロリィタファッションデザイナーです♪現在ハンドメイド作家として活動しています🎶

🎀ロリィタ服への小さなこだわり その①🎀

こんばんは🌙チョコミントです🌟

 

今日の東京は晴れ☀昼間、日当たりの良い場所はポカポカと暖かいくらいでした🌸

 

我が家の愛犬チョコは今日もこたつに入ったまま出てきてくれません🐾

春が来るまでこたつで冬眠するつもりでしょうか (+.+)(-.-)(_ _)..zzZZ

 

🎀こだわりその① 段々フリルの作り方🎀

先日ブルマー(カボチャパンツ)の後ろ姿、フリルを4段重ねていくデザインの部分を作っていたのですが、 実はこの部分の縫製については毎回ちょっと考えます。

 

ロリィタのお洋服や子ども服等でもよく見かける2段~4段重ねのフリルになっているデザインですが、このフリルを重ねるデザインには縫い方(パターンの引き方)が2通りあります。

 

f:id:haruchoco:20190116161558j:plain

①土台の生地に上から重ねて縫い付ける方法

☆メリット→土台にする生地の使用量を抑えられる。作業手順を減らす事が出来る。

☆デメリット→お洗濯後や着用時にフリルがめくれ上がった場合に✳見た目が良くない

✳フリルを縫い付けた部分がダイレクトに見えてしまう(ピンクの矢印部分)

 

f:id:haruchoco:20190116161728j:plain

 

f:id:haruchoco:20190116162456j:plain

②土台の生地にフリルを1段ずつ挟み込む方法

☆メリット→フリルの形が綺麗に出る。フリルがめくれた時でも見た目が綺麗。

☆デメリット→土台の生地の使用量が少し増える。裏側(肌に当たる部分)に縫い代がくるので着用時に多少ごろごろする。←着ごこちの問題です!

 

 お洋服を製作している以上は、着ごごちにも配慮をしたいのは山々なのですが、

ロリィタファッションを着ていた自分としては

 

着ごごちよりも大事だけど...見た目もすごく大事!!

多少、暑くても寒くても見た目が大事!!

可愛いお洋服のためならちょっとぐらい...我慢できる!!

 

 

とか思っていました(笑)(注)これは私個人の考え方です!!

 

なので、私の縫製の方法はフリルを綺麗に見せる事を重視して②の挟み込み方式を採用しています。ただ、ここ最近では「見た目も確かに大事だけど、気持ちよく着て頂けるものを作りたいなぁ...」と思っています。

 

ロリィタちゃんのお洋服はぎゅぅっっとウエストを締めたり、パニエ(下着)を何枚も重ねてスカートを膨らませたり(正直、夏は地獄です💀)...なかなか忍耐のいるファッションだと個人的には思っているので💦

少しでも「着ごごち良いかも❤」と思って頂ける様なお洋服をこれからは目指したいと思います。まずはパターンの見直しからですね✨

 

とりあえず今日はブルマーの後ろ姿まで出来たので、明日からはちょっと気分を変えてブラウスの縫製に移りたいと思います。明日も頑張ります🌟

 

ではでは、今日はこの辺で🌟