ロリィタハンドメイド作家のウフフな毎日

元ロリィタファッションデザイナーです♪現在ハンドメイド作家として活動しています🎶

🎀新作のファーストサンプルを作っています🎀

こんばんは🌙チョコミントです🌟

 

今日の東京は晴れ☀朝起きたら少しだけ屋根に雪が積もっていました❄寒いですね~🌁⛄🌁愛犬チョコ🐾はこたつの中に入ったっきり出てきません💤

🎀 洗濯表示とブランドタグのその後🎀

先日、洗濯表示とブランドタグをネットで注文してみたのですが

注文時の納品予定では2月11日に到着のはずだったのですが...あちら方で何か手違い?があったらしく納期が遅れるみたいです(>_<)💦

 

問い合わせしてみたところ、手元に届くのはさらに2週間後...月末までには!ということでした。楽しみにしていたのですが、仕方ないです💦

 

月末に楽しみなことが待っている♪と思えば、元気が出てくる気がします🌟

 

🎀ケーキ柄のワンピースのパターン製作をしています🎀

落ち込んでいても仕方ないので🌟今日は気分を変えて新作のワンピースのパターン製作をしてみました。今回のデザインも初めてチャレンジする形なのでサンプルを作りながら煮詰めていきます!

 

          ↑このデザインを作っていきます🌟

今回のパターンの製作方法は『立体裁断っぽく』してみました。

⚠あくまで『っぽい』です。本物の『立体裁断』はベテランパタンナーさん並みの技術が必要なので、私のやり方は 『立体裁断...風???』と言ったところです(笑)

 

🌟立体裁断とは→ボディ(人台、ドレスフォーム)に四角い布をあて、ピンで留めつけ、ハサミを入れながら立体的に型紙を作る作業。

✳ドレープ(生地の落ち感。揺れる感じ)を際立たせたいデザインや、身体にぴったりと沿わせたいデザイン、変形のデザイン等に使われる事が多い製図方法です。

                      〈一部ウィキペディアより引用〉

 

今回のデザインで、個人的にこだわっているのは襟元?首回りの開き具合です!

開きすぎればセクシーになってしまいますし、詰まりすぎも可愛くない気がします💦

✳あくまで個人的な好みなので、ロリィタちゃん皆様がそうだ!という訳ではないです!

 

この開き具合を調節するために、平面(製図用紙)で大まかなパターンを引いてみてから

→ざっくりとした粗い目で縫い上げる

→ボディに着せつけながらハサミで理想の形にカットしたり針で留めたりしてみる

 →ハサミでカットしたサンプルを参考に平面(製図用紙)のパターンに反映、修正する

 

...この様に実際に言葉にしてみると『立体裁断...風』と言うのもおこがましい!というか、生意気な気がしてきました(笑)

 

実際の様子がこんな感じです。

f:id:haruchoco:20190210000157j:plain


✳今回はサンプル用の生地(あまり布)を使用しています。本番の生地ではありません。

 

肩まわりと袖口はゴムを入れてシャーリング(ギャザー)を入れる予定です。

今回はバスト部分にもゴムを入れましたが、もう少しスッキリとした感じにしたいので、一部仕様を変更する予定です。

 

今回の物は襟元の開き具合、袖の長さを決めるためのファーストサンプルなのでお袖も片側のみです💦(正直なお話をすると生地も足りなかったです💦)お写真だとすっごく残念な感じですね💦これだけ見ると何だか水着みたいです✨👙✨

 

さらに、今日は同時進行でブルマー(カボチャパンツ)も進めてみました。

後は、ウエストベルトの部分と足まわりのゴムを縫い付けてしまえば完成です!

f:id:haruchoco:20190209235147j:plain

 

アトリエにしているお部屋がじわじわと作品で埋め尽くされてきています(笑)

そろそろ本気を出して!本当の本当に動き出します!頑張ります✨

 

ではでは今日はこの辺で🌟